iPhone、過去最大スクリーンの機種登場か

2018年内に3種類の新製品を投入する見込み

2月26日、米アップルが年内に3種類の新型アイフォーンを投入する用意を進めていると、ブルームバーグが関係筋の情報として報じた。写真は2015年7月、ニューヨークの店舗で撮影(2018年 ロイター/Mike Segar/File Photo)

[26日 ロイター] - 米アップルが年内に3種類の新型スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」を投入する用意を進めていると、ブルームバーグが26日、関係筋の情報として報じた。

ブルームバーグによると、3種類のうち1機種はアイフォーンとしては過去最大サイズとなるスクリーンを搭載する。

残りの2機種はそれぞれ「アイフォーンX(テン)」と同じサイズの後継機種、「X」の主要機能を内蔵した低価格帯機種になるという。

大画面を搭載するアイフォーンの画面サイズは約16.5cmと、競合する韓国サムスン電子の旗艦スマホ「ギャラクシーS9プラス」の15.75cmを超える可能性がある。サムスンは前日、バルセロナで開催された携帯見本市で新型モデルの「ギャラクシーS9」と「S9プラス」を発表した。

本体サイズは「8プラス」と同じ程

大画面アイフォーンの本体サイズは「8プラス」と同じ程度となる見通し。また、アジアでの売上高押上げを狙い、カラーにゴールドを加える方針という。

新機種投入に伴い、アイフォーンの旧モデルのいずれかの販売が打ち切られるかどうかは明らかになっていない。

アップルはコメントを差し控えている。

アップルの株価はこの日2%超上昇し、過去最高値に迫っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT