高木菜那が初代女王に、新種目マススタート

団体追い抜きに続き、今大会2つ目の金メダル

 2月24日、平昌冬季五輪はスピードスケート新種目のマススタートを行い、女子の決勝では高木菜那が優勝。初代女王となった(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[江陵市(韓国) 24日 ロイター] - 平昌冬季五輪は24日、スピードスケート新種目のマススタートを行い、女子の決勝では高木菜那が優勝。初代女王となった。

高木は最終コーナーの出口で一気に加速。内側からイレーネ・スハウテン(オランダ)を抜き去り、トップでフィニッシュした。

高木は団体追い抜きに続き、今大会2つ目の金メダル。日本の女子選手が五輪の同一大会で複数の金メダルを獲得したのは、夏季大会を含めて初めてのこと。佐藤綾乃は1回戦で転倒し、敗退した。

佐藤の分まで「金メダルを取りに行くぞ」という気持ちだったという高木。「残り1本のレースで最高の滑りができて、最高のオリンピックにできた」と話した。

男子の決勝ではウイリアムソン師円が11位。土屋良輔は1回戦で敗退した。李承勲(韓国)が優勝した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT