ノルディック複合団体、日本メダル逃す

渡部暁4位に悔しさにじませる

 2月22日、平昌冬季五輪はノルディックスキー複合の団体を行い、渡部暁斗、渡部善斗、永井秀昭、山元豪のメンバーで臨んだ日本は4位に終わった(2018年 ロイター/Dominic Ebenbichler)

[平昌(韓国) 22日 ロイター] - 平昌冬季五輪は22日、ノルディックスキー複合の団体を行い、渡部暁斗、渡部善斗、永井秀昭、山元豪のメンバーで臨んだ日本は4位に終わった。

日本は前半飛躍(HS142メートル)で個人ノーマルヒル銀の渡部暁が137.5メートル、山元が132.5メートルを飛ぶなどして合計455.3点の3位に入った。

しかし、首位オーストリアと19秒差でスタートした後半距離(4✕5キロ)では、第1走者の渡部善が4位に後退。第2走者の永井が盛り返したが、続く山元が引き離され、3位ノルウェーから約1分遅れでスタートしたアンカー渡部暁の追い上げも届かなかった。渡部暁は大会前に左肋骨を骨折していたことが明らかになった。

渡部暁は競技後、「金メダルを取ると自分で宣言して、プレッシャーをかけて臨んだ五輪だったが、4年間かけてあまり何も変わらなかったんだなという気持ちが残る」と悔しさをにじませた。

ドイツが金メダルを獲得。個人ノーマルヒル、同ラージヒルに続き、全3種目を制する強さを見せた。ノルウェーが2位、オーストリアが3位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。