ノルディック複合団体、日本メダル逃す

渡部暁4位に悔しさにじませる

 2月22日、平昌冬季五輪はノルディックスキー複合の団体を行い、渡部暁斗、渡部善斗、永井秀昭、山元豪のメンバーで臨んだ日本は4位に終わった(2018年 ロイター/Dominic Ebenbichler)

[平昌(韓国) 22日 ロイター] - 平昌冬季五輪は22日、ノルディックスキー複合の団体を行い、渡部暁斗、渡部善斗、永井秀昭、山元豪のメンバーで臨んだ日本は4位に終わった。

日本は前半飛躍(HS142メートル)で個人ノーマルヒル銀の渡部暁が137.5メートル、山元が132.5メートルを飛ぶなどして合計455.3点の3位に入った。

しかし、首位オーストリアと19秒差でスタートした後半距離(4✕5キロ)では、第1走者の渡部善が4位に後退。第2走者の永井が盛り返したが、続く山元が引き離され、3位ノルウェーから約1分遅れでスタートしたアンカー渡部暁の追い上げも届かなかった。渡部暁は大会前に左肋骨を骨折していたことが明らかになった。

渡部暁は競技後、「金メダルを取ると自分で宣言して、プレッシャーをかけて臨んだ五輪だったが、4年間かけてあまり何も変わらなかったんだなという気持ちが残る」と悔しさをにじませた。

ドイツが金メダルを獲得。個人ノーマルヒル、同ラージヒルに続き、全3種目を制する強さを見せた。ノルウェーが2位、オーストリアが3位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。