マンガで学ぶ!英語で日本を紹介するコツ

自分の好きなものを突破口にしよう

日本のことを英語で相手に伝える際のコツとは?(画像:『バイリンガル版 ふしぎの国のバード 1巻 UNBEATEN TRACKS in JAPAN』より)
2020年に東京オリンピック・パラリンピックも控え、世界から日本への注目度が高まっています。訪日する外国人(観光客)の数も記録的に伸びていることは、ニュースでもよく報道されています。
そのような時勢をくみ、英会話に対してにわかに興味が出てきたり、日本の文化・事象を英語で外国人に説明したい、と思われたりしている日本人も増えているかもしれません。
そこで今回は、『バイリンガル版 ふしぎの国のバード 1巻 UNBEATEN TRACKS in JAPAN』の英文監修・解説を手掛け、イギリス英語通訳者・翻訳者で、英語関連の著書も多く持つ川合亮平さんに、そんな日本人の方に向けて、日本のことを英語で相手に伝える際のコツと、具体例(英語の使い方)を紹介いただきます。

まずなじみのある分野を攻略するのがコツ

日本のことを外国人に英語で説明(紹介)する、と聞いて、僕がまず思い浮かべるのが、国家資格の全国通訳案内士(通訳ガイド)です。

僕は20年ほど前、この資格に挑戦したもののまったく歯が立たず、あきらめてしまった過去があります。かなり難しかったと記憶しています。

もちろんこの資格は“真剣度”がかなり問われるものなので、“英語で日本を紹介したい”という希望を持たれている方でも「そこまで労力をかけるつもりはない」と思われる方が大半ではないかと想像します。

では、この資格を取らなければ、外国人に日本のことを英語で説明するのは無理なのかと言われれば、もちろんそんなことはないと思います。

大切なのは、自分の今の英語力(それがどんなレベルであれ)を最大限発揮して、気持ちを込めて相手に伝えることだと僕は信じています。完璧な人なんていませんからね。

では具体的に、いったいどこから手をつければいいか? まず“自分が好きな・なじみのある日本(文化・事象)”の英語知識を増やすことから始めるのはいかがでしょうか。

次ページ好きなことならば
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。