ヨドバシがネット通販で「漫画」を売る理由

藤沢副社長「家電より非家電の割合が圧倒的」

――店頭で商品を見て、ネットで購入する「ショールーミング」行動を嫌がるお店もある一方で、ヨドバシは積極的に推奨しています。

2012年から、全店舗の店頭展示商品に商品バーコードをつけ、それをスマホのアプリで読み取ると、その商品の店舗ごとの価格比較や口コミが読めるようにした。自社サイトでも購入できるし、バーコードの規格に対応していれば他社のショッピングアプリも利用可能だ。

お客様の中には、帰宅後落ち着いて考えてから買いたい、他社と価格比較をした上で買いたいという人もいる。ニーズがあるのであれば、バーコードも、スマホでの商品撮影もご自由にやっていただきたい。

自前でやっていくつもり

――店舗とECが売り上げを奪い合うことにはなりませんか?

ヨドバシの旗艦店の1つであるマルチメディアAKIBA(撮影:尾形文繁)

ヨドバシカメラ全体でお客様に利用してもらえればいいという考え方を浸透させている。ECは配送費用もあるし、倉庫にも人件費がかかる。ネットが伸びるほど、利益率が上がるというわけではない。

――競合のヤマダ電機はソフトバンク、ビックカメラは楽天と組むなど、競合もECへの対応を急いでいます。ヨドバシが今後IT企業と提携することもあり得るのでしょうか。

今のところは、自前でやっていくつもりだ。売り上げはこれまで連続で拡大してきており、昨年は1000億円を超えた。旗艦店であるマルチメディア梅田、マルチメディアAkibaも抜いて、当社の中の売上高トップはECとなった。いずれはECと実店舗の比率を半分ずつにしていきたい(2016年度の全売上高に占めるEC比率は16.4%)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT