人生100年時代、「自己紹介」は最強のスキルだ

共感を呼ぶ「キャラクター」の秘訣とは?

――今回はなぜ講談社『モーニング』という漫画誌を研究材料に選んだのでしょうか?

石川:自己紹介の具体的な方法論を考えたとき、まず、「ストーリー」よりも、自己という「キャラクター」のほうが大事だと考えました。だって、自分が語ったストーリーを、誰かがそのまま語ってくれるわけがありませんから。自分をどう紹介するかというプレゼン型のスピーチよりも、「どういう人物なのか」というキャラクターを意識したほうがよいわけです。そこで、幅広く支持されつづける漫画のキャラクターに注目しました。

いろんな漫画誌がありますが、“すごいキャラクターによるすごい話”が並ぶ少年誌とは違って、『モーニング』は、一貫して“平凡なキャラクターの、非凡な話”がテーマとなっています。『宇宙兄弟』『クッキングパパ』、どれもキャラクター作りが非常にうまくて、読んでいると「自分もこんなふうになれるんじゃないか」と元気になれるんですよ。

だからこそ、自分のような平凡な人間でも、『モーニング』のキャラクターを研究していくことによって、なにか非凡なものとして話題にあがる自己紹介のヒントが見つかるのではないかと考えました。

キーワードは「対立、葛藤、展開」

――セミナーで配布されるレポート「モーニング式 物語れる自己紹介術」では、ヒット漫画の主人公を研究して導き出した、一定の法則について触れられていますね。

石川:共感されるキャラクターには、「対立、葛藤、展開」があるという部分ですね。自分がいない場所で、なぜ自分のことが話題にあがるのか。それは、誰かがなにかの困難に当たったとき、「こういうとき、あの人ならどう考え、どう行動するだろうか?」ということを頭のなかに思い浮かべるからです。つまり、これが「キャラクター」です。

詳しくは、セミナーでお話ししますが、対立する状況から、葛藤と展開がはじまるという流れに「共感」の秘密が隠されていますし、その人のキャラクターを形作るヒントも見えてくるでしょう。

今回の研究で、僕自身、はじめて『モーニング』が好きだった理由がわかりましたよ。平凡なのに非凡なことを語るキャラクターの秘密とはなんなのか。創刊35年の『モーニング』の歴史から抽出された自己紹介の研究成果を、当日発表したいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング