日本上陸20年、フォーシーズンズの野望 椿山荘東京と別れた後の、新たな戦略

印刷
A
A
2020年東京五輪の開催決定を機に、インバウンド(訪日外国人客)を拡大しようとする動きが活発になってきている。ホテル業界では、外資系ホテルチェーンの新規開業の動きがかまびすしい。
その中で注目されるひとつが、ラグジュアリー(高級)カテゴリーでは世界トップクラスとの評価もあるフォーシーズンズ。東京駅八重洲口の目の前には、フォーシーズンズホテル丸の内 東京を持つ。目白のホテル椿山荘東京とは昨年、20年間に及ぶ契約満了でFC関係がなくなったが、2015年にも京都のオープンを予定するなど、今後も日本国内での展開を加速する計画だ。
来日したアジア・パシフィック地区ホテルオペレーション担当社長のクリス・ハート氏に、今後の戦略について聞いた。
ラグジュアリーホテル界の雄、フォーシーズンズはどう出る?(写真は、フォーシーズンズホテル丸の内 東京のラウンジ)

――東京オリンピックの2020年開催が決定しました。

東京は世界的なデスティネーション(旅行先)で、私は個人的に東京が大好きです。日本語は話せませんが、すばらしい文化、人々、食事、建築、きれいさ、タクシーや電車などの効率性が際立っています。また、「おもてなし」がすばらしいところなど、すべてをひっくるめて、日本を尊敬しています。

東京が選ばれたことで、非常にポジティブな影響があると思います。ロンドンや北京を振り返ればわかりますが、それぞれすばらしいオリンピックを開催していました。オリンピックがあると、やはり人々はとてもいい気持ちになります。開催都市が最もすばらしいベストな状態を、世界に見せることができる。観光ビジネスもどんどん増えていくでしょう。単にオリンピックの限られた期間に集中するだけではなく、ほかの期間にもいい影響が波及していくと思います。

――フォーシーズンズはビジネスを拡大していますね。

当社は1960年の創業以来、成長を続けています。私が入社した1984年当時は3カ国で18ホテルしかなかった。現在は38カ国で91ホテルを営業しており、また60のプロジェクト(計画)を開発中です。

創業者のイザドア・シャープは、モーテルからスタートしました。本社はカナダのトロントですが、目標はシンプルで、営業している各都市で1番のホテルになろう、というものでした。1970年ごろにスモールホテルに事業を集中し、世界レベルの最高のサービスを提供しようと決めたのです。

次ページ駅のホームまで、お客を出迎えに
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT