日本上陸20年、フォーシーズンズの野望

椿山荘東京と別れた後の、新たな戦略

2020年東京五輪の開催決定を機に、インバウンド(訪日外国人客)を拡大しようとする動きが活発になってきている。ホテル業界では、外資系ホテルチェーンの新規開業の動きがかまびすしい。
その中で注目されるひとつが、ラグジュアリー(高級)カテゴリーでは世界トップクラスとの評価もあるフォーシーズンズ。東京駅八重洲口の目の前には、フォーシーズンズホテル丸の内 東京を持つ。目白のホテル椿山荘東京とは昨年、20年間に及ぶ契約満了でFC関係がなくなったが、2015年にも京都のオープンを予定するなど、今後も日本国内での展開を加速する計画だ。
来日したアジア・パシフィック地区ホテルオペレーション担当社長のクリス・ハート氏に、今後の戦略について聞いた。
ラグジュアリーホテル界の雄、フォーシーズンズはどう出る?(写真は、フォーシーズンズホテル丸の内 東京のラウンジ)

――東京オリンピックの2020年開催が決定しました。

東京は世界的なデスティネーション(旅行先)で、私は個人的に東京が大好きです。日本語は話せませんが、すばらしい文化、人々、食事、建築、きれいさ、タクシーや電車などの効率性が際立っています。また、「おもてなし」がすばらしいところなど、すべてをひっくるめて、日本を尊敬しています。

東京が選ばれたことで、非常にポジティブな影響があると思います。ロンドンや北京を振り返ればわかりますが、それぞれすばらしいオリンピックを開催していました。オリンピックがあると、やはり人々はとてもいい気持ちになります。開催都市が最もすばらしいベストな状態を、世界に見せることができる。観光ビジネスもどんどん増えていくでしょう。単にオリンピックの限られた期間に集中するだけではなく、ほかの期間にもいい影響が波及していくと思います。

――フォーシーズンズはビジネスを拡大していますね。

当社は1960年の創業以来、成長を続けています。私が入社した1984年当時は3カ国で18ホテルしかなかった。現在は38カ国で91ホテルを営業しており、また60のプロジェクト(計画)を開発中です。

創業者のイザドア・シャープは、モーテルからスタートしました。本社はカナダのトロントですが、目標はシンプルで、営業している各都市で1番のホテルになろう、というものでした。1970年ごろにスモールホテルに事業を集中し、世界レベルの最高のサービスを提供しようと決めたのです。

次ページ駅のホームまで、お客を出迎えに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT