原大智が銅、男子モーグルで日本初のメダル

キングズベリー金、グレアム銀

 2月12日、平昌冬季五輪フリースタイルスキーの男子モーグル決勝、原大智が銅 メダルを獲得した(2018年 ロイター/Issei Kato)

[平昌(韓国) 12日 ロイター] - 平昌冬季五輪は12日、フリースタイルスキーの男子モーグル決勝を行い、原大智が銅メダルを獲得。今大会の日本勢初メダルを獲得した。

原は決勝1回目では3位。2回目はトップで通過。3回目は82.19点で3位に入った。男子モーグルで日本勢がメダルを獲得したのはこれが初めて。

2014年ソチ大会で銀メダルだったミカエル・キングズベリー(カナダ)が86.63点で優勝。マット・グレアム(オーストラリア)が82.57点で2位だった。

遠藤尚、堀島行真はともに2回目で転倒して敗退。10位、11位に終わった。西伸幸は2回目に進むことができず、19位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT