原大智が銅、男子モーグルで日本初のメダル

キングズベリー金、グレアム銀

 2月12日、平昌冬季五輪フリースタイルスキーの男子モーグル決勝、原大智が銅 メダルを獲得した(2018年 ロイター/Issei Kato)

[平昌(韓国) 12日 ロイター] - 平昌冬季五輪は12日、フリースタイルスキーの男子モーグル決勝を行い、原大智が銅メダルを獲得。今大会の日本勢初メダルを獲得した。

原は決勝1回目では3位。2回目はトップで通過。3回目は82.19点で3位に入った。男子モーグルで日本勢がメダルを獲得したのはこれが初めて。

2014年ソチ大会で銀メダルだったミカエル・キングズベリー(カナダ)が86.63点で優勝。マット・グレアム(オーストラリア)が82.57点で2位だった。

遠藤尚、堀島行真はともに2回目で転倒して敗退。10位、11位に終わった。西伸幸は2回目に進むことができず、19位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。