「製品テストをできる店」は、なぜ人気なのか

米国のイノベーションを支える小売店の正体

新しいスポーツ用品も販売されていた。モーター付きスケートボード「Boosted」は、サンフランシスコ市内で見掛ける頻度が高い製品だ(筆者撮影)

店の入り口にはスマートホーム製品が配置されており、スマートキッチンも勢力を伸ばしてきたという。またスマートフォンアクセサリーは定評があるほか、スポーツや旅行関連、デジタルおもちゃ、空気清浄機など、テクノロジーを生かした製品が所狭しと並ぶ。

一方、まったくテクノロジーと無縁の化粧品も人気があり、店舗内で最も販売数が多いのは替えのブラシがサブスクリプション(定期配送)で届くデザインの美しい電動歯ブラシ「Quip」だという。必ずしも、テクノロジーにかかわる製品だけにこのモデルが有効なわけではない点は、デザイン思考がより幅広いビジネスモデルであることの表れだ。

電動歯ブラシ「Quip」は、b8taストアの中で最も販売が好調な製品だ。b8taストアには、必ずしも、スマホと連動したり、高度なテクノロジーを駆使したものばかりではない(筆者撮影)

店頭をベータテストの場に変えてデータを集める方法は、まるでリアル店舗版のGoogleアナリティクスのようだし、人々に見たことがない製品を紹介し、手に取ってもらう場を提供する様子は、米国で最も床面積あたりの売上高が高いApple Storeのようでもある。ウェブとリテールのトップ企業を高い次元で融合させたb8taストアの成長は、まだまだ続いていくことになるだろう。

日本市場にも興味を示す

ジェネラルマネジャーのケビン・ウィルソン氏は、このモデルの有効性は米国にとどまらないという。

「このビジネスモデルは、どんな製品に対しても適用することができると同時に、世界中のどんな地域でも有効だと言えます。キックスターターで製品を立ち上げたばかりのスタートアップだけでなく、サムスン、スナップ、グーグルでも利用できます。世界中のメーカーが、店頭を製品テストの場に変え、データを集めたいと願っているのです」

中国、中東とともに、日本市場にも興味を示すウィルソン氏。われわれの店頭での振る舞いが、未来の大ヒット商品に貢献するようになる日も近い。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。