LINEモバイル、ソフトバンク傘下入りの狙い

戦略的提携を進めることで基本合意

 1月31日、LINEは、子会社のLINEモバイルがソフトバンクと戦略的提携に向けた協議で合意したと発表した。写真はLINEの本社で昨年1月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>と、格安スマートフォン事業を手掛けるLINEモバイル(東京都新宿区)は31日、ソフトバンクがLINEモバイルに51%を出資することで合意したと発表した。

格安スマホ事業は競争が激化しており、LINEモバイルはソフトバンクの支援を仰ぐことで、生き残りを図る。

両社は同日、戦略的提携を進めることで基本合意した。ソフトバンクはLINEモバイルが実施する第三者割当増資を引き受け、同社に51%出資する。LINE<3938.T>の出資比率は100%から49%に低下する。3月ころの取引完了を目指す。

LINEモバイルの嘉戸彩乃社長は続投する。

LINEモバイルは、2016年に仮想移動体通信事業者(MVNO)としてサービスを開始したが、加入者数などのデータを明らかにしておらず、実態はわかっていない。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT