LINEモバイル、ソフトバンク傘下入りの狙い

戦略的提携を進めることで基本合意

 1月31日、LINEは、子会社のLINEモバイルがソフトバンクと戦略的提携に向けた協議で合意したと発表した。写真はLINEの本社で昨年1月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>と、格安スマートフォン事業を手掛けるLINEモバイル(東京都新宿区)は31日、ソフトバンクがLINEモバイルに51%を出資することで合意したと発表した。

格安スマホ事業は競争が激化しており、LINEモバイルはソフトバンクの支援を仰ぐことで、生き残りを図る。

両社は同日、戦略的提携を進めることで基本合意した。ソフトバンクはLINEモバイルが実施する第三者割当増資を引き受け、同社に51%出資する。LINE<3938.T>の出資比率は100%から49%に低下する。3月ころの取引完了を目指す。

LINEモバイルの嘉戸彩乃社長は続投する。

LINEモバイルは、2016年に仮想移動体通信事業者(MVNO)としてサービスを開始したが、加入者数などのデータを明らかにしておらず、実態はわかっていない。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。