LINEモバイル、ソフトバンク傘下入りの狙い

戦略的提携を進めることで基本合意

 1月31日、LINEは、子会社のLINEモバイルがソフトバンクと戦略的提携に向けた協議で合意したと発表した。写真はLINEの本社で昨年1月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>と、格安スマートフォン事業を手掛けるLINEモバイル(東京都新宿区)は31日、ソフトバンクがLINEモバイルに51%を出資することで合意したと発表した。

格安スマホ事業は競争が激化しており、LINEモバイルはソフトバンクの支援を仰ぐことで、生き残りを図る。

両社は同日、戦略的提携を進めることで基本合意した。ソフトバンクはLINEモバイルが実施する第三者割当増資を引き受け、同社に51%出資する。LINE<3938.T>の出資比率は100%から49%に低下する。3月ころの取引完了を目指す。

LINEモバイルの嘉戸彩乃社長は続投する。

LINEモバイルは、2016年に仮想移動体通信事業者(MVNO)としてサービスを開始したが、加入者数などのデータを明らかにしておらず、実態はわかっていない。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。