【産業天気図・人材サービス】景気低迷と社会的批判で急成長一服で曇り模様、規制強化で一段悪化も

予想天気
 08年10月~09年3月   09年4月~9月
 

人材サービス業界の2008年度後半は「曇り」、09年度前半も「曇り」模様が続きそうだ。

同業界は1999年の人材派遣原則自由化、04年の製造現場への派遣解禁等の規制緩和の流れを受けて右肩上がりの成長を遂げてきた。市場規模はここ数年、毎年1兆円単位で拡大を続け、06年には5兆円を越えた。また、最近まで続いた好景気による人手不足を背景に人材紹介もバブル的な活況を呈していた。
 
 ところが製造業向け派遣での偽装請負の発覚、日雇い派遣大手2社が立て続けに事業停止命令を受けるなど、業界全体への社会的批判が強まった事に加え、景気減速基調が鮮明となったことで、派遣、紹介ともマーケットは冷え込んでいる。特に先行して調整が始まる一般事務派遣大手のパソナグループ<2168>は今09年5月期は前期比減益見通しで、やはり大手のテンプスタッフ<2476、10月1日よりテンプホールディングス>の今09年3月期も利益横ばいにとどまる見込みだ。製造業の開発、設計を担う技術者派遣はまだ客先の需要は強いが、08年度後半以降は不透明感が漂う。また社員採用コストも増しており、最大手のメイテック<9744>でも、ここ数期、利益横ばいの状態が続いている。
 
 政局がらみで着地は不透明だが、原則禁止される見通しの日雇い派遣業界の先行きは暗い。最大手グッドウィル・グループ<4723、10月よりラディアホールディングスに社名変更>の撤退後、トップとなったフルキャスト<4848>も法令順守問題から受注の戻りは鈍い。グッドウィルは債務超過に転落し継続企業の前提に疑義の注記。09年6月期も最終赤字が続き正念場を迎えている。
【風間 直樹記者】

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT