米体操ドクター、性的虐待で175年の禁錮刑

虐待を受けたと告発したのは約160人

米ミシガン州ランシングの裁判所は、少女たちに対する性的虐待で起訴された米国体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサール被告(写真)に対して最高175年の禁錮刑を言い渡した(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ランシング(米ミシガン州) 24日 ロイター] - 米ミシガン州ランシングの裁判所は24日、少女たちに対する性的虐待で起訴された米国体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサール被告(54)に対して最高175年の禁錮刑を言い渡した。

ローズマリー・アキリナ裁判官は「被告に対する死の宣告に署名した」と言明。五輪4大会でチームドクターを務めたナサール被告は、「あなた方の言葉を死ぬまで心にとどめる」と述べ、被害者に対して謝罪した。

同被告から虐待を受けたと告発したのは約160人に及び、著名な五輪金メダリストたちから、虐待当時6歳だった少女など広範囲にわたる。

同被告は米五輪チームのほかミシガン州立大学でも女子体操とボートのチームドクターを務めていた。全米大学競技協会(NCAA)は25日、同大学の対応に関して調査を開始したと明らかにした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT