米体操ドクター、性的虐待で175年の禁錮刑

虐待を受けたと告発したのは約160人

米ミシガン州ランシングの裁判所は、少女たちに対する性的虐待で起訴された米国体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサール被告(写真)に対して最高175年の禁錮刑を言い渡した(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ランシング(米ミシガン州) 24日 ロイター] - 米ミシガン州ランシングの裁判所は24日、少女たちに対する性的虐待で起訴された米国体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサール被告(54)に対して最高175年の禁錮刑を言い渡した。

ローズマリー・アキリナ裁判官は「被告に対する死の宣告に署名した」と言明。五輪4大会でチームドクターを務めたナサール被告は、「あなた方の言葉を死ぬまで心にとどめる」と述べ、被害者に対して謝罪した。

同被告から虐待を受けたと告発したのは約160人に及び、著名な五輪金メダリストたちから、虐待当時6歳だった少女など広範囲にわたる。

同被告は米五輪チームのほかミシガン州立大学でも女子体操とボートのチームドクターを務めていた。全米大学競技協会(NCAA)は25日、同大学の対応に関して調査を開始したと明らかにした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT