米体操ドクター、性的虐待で175年の禁錮刑

虐待を受けたと告発したのは約160人

米ミシガン州ランシングの裁判所は、少女たちに対する性的虐待で起訴された米国体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサール被告(写真)に対して最高175年の禁錮刑を言い渡した(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ランシング(米ミシガン州) 24日 ロイター] - 米ミシガン州ランシングの裁判所は24日、少女たちに対する性的虐待で起訴された米国体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサール被告(54)に対して最高175年の禁錮刑を言い渡した。

ローズマリー・アキリナ裁判官は「被告に対する死の宣告に署名した」と言明。五輪4大会でチームドクターを務めたナサール被告は、「あなた方の言葉を死ぬまで心にとどめる」と述べ、被害者に対して謝罪した。

同被告から虐待を受けたと告発したのは約160人に及び、著名な五輪金メダリストたちから、虐待当時6歳だった少女など広範囲にわたる。

同被告は米五輪チームのほかミシガン州立大学でも女子体操とボートのチームドクターを務めていた。全米大学競技協会(NCAA)は25日、同大学の対応に関して調査を開始したと明らかにした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。