ヤフー社長に43歳の川邊健太郎副社長が昇格

宮坂氏「新しい山に登るには新リーダを」

 1月24日、ヤフーは、川邊健太郎副社長(43)が社長に昇格する人事を内定したと発表した。写真は2009年8月撮影(2018年 ロイター)

[東京 24日 ロイター] - ヤフー<4689.T>は24日、川邊健太郎副社長(43)が社長に昇格する人事を内定したと発表した。宮坂学社長(50)は代表権のない取締役会長に就く。若返りを図ることで、成長を加速させる。6月開催予定の株主総会後に就任する。

会見した宮坂社長は「ヤフーは新しい挑戦テーマを掲げるべき時期にきている。新しい山に登るには新しいリーダーシップで行うのが適切だ」と交代理由を語った。

最高経営責任者(CEO)と最高執行責任者(COO)を統合、川邊氏が新CEOに就任することで、迅速な意思決定ができるようにする。

ヤフーは新たな挑戦として2018年度から「スマートフォンの会社」に加えて、「データの会社」になることを目指すという。川邊次期社長は「ヤフーはこの21年間、サービスを通じて莫大なデータを蓄積してきた。データを利活用することでビジネスをより大きくしていきたい」と意欲を示した。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。