アマゾンプライム、米国で月額プラン値上げ

2月18日から実施、年会費は据え置きの方針

 1月19日、オンライン小売のアマゾン・ドットコムは、有料会員サービス「アマゾンプライム」の会費について、米国で月額プランを月2ドル値上げすると発表。2016年8月撮影(2018年 ロイター /Kim Kyung-Hoon)

[19日 ロイター] - オンライン小売のアマゾン・ドットコム<AMZN.O>は19日、有料会員サービス「アマゾンプライム」の会費について、米国で月額プランを月2ドル値上げすると発表した。2月18日から実施する。年会費は据え置き。プライムの会費値上げは約4年ぶりとなる。

月額プランは従来の月10.99ドルから12.99ドルに引き上げる。年会費は99ドル。学生向け割引プランは月5.49ドルから6.49ドルに値上げする。

アマゾンはプライム会員数を公表していない。調査会社によると、全米のプライム会員数は昨年9月時点で約9000万人。アマゾンは昨年、プライムを通じて全世界で50億個超を出荷。7-9月期のプライム等の会費収入は24億ドルと59%急増した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。