優秀でも「なぜかできない人」の目標の立て方

高いレベルを目指せば「必ずできる」に近づく

このように意味のある水準を設定し、それを適切に定量化した目標はパワフルだ。

そうしたゴールを達成すれば、大きな成果や価値を手に入れられることは明らかだし、目標自体の説得力も確かなものになる。また、ゴールに向かってかかわるメンバーが納得して取り組めるので、エネルギーや一体感も増し、成功の確率も高まっていくだろう。

目的と目標は「書いて」チームで共有する

理不尽に思えるほどの高いレベルの目標、意味のある水準の目標を設定したら、それを明文化しよう。

当然ながら、目標にたどり着けないことはある。理由はさまざまだが、意外に見落としがちなのが「チームでゴールを共有できていない」という敗因だ。

「こんなことを依頼した覚えはない」「そんなことは聞いていない」というのは、どこの会社でもよくあるやり取りだと思う。指示した上司と指示された部下の間で、「目的と目標を明確にし、共有する」というひと手間を怠ったために、ムダな努力や非効率な仕事が生じるケースは数知れない。

そこで効果的なのが「書く」というシンプルな方法だ。具体的に書くためには、内容が明確で自分の思いも定まっていなければならない。逆に言えば、書くという動作は自分の考えを強制的に明確にする働きがある。つまり、定まっていない自分の決心をつけるために、「書く」ことは非常に有効な手法となる。

目的と目標は必ず書き出すことを習慣とし、訓練として自分に課すといい。

書くといっても、「レポートにする」「ちゃんとした書類でなければならない」のではない。人に見せて確認をし、そこから議論できれば十分だ。

あなたが目標を設定する上司やリーダーの立場なら、それを明文化して、部下やチームや関連部門にシェアしよう。あるいはあなたが部下の立場で、リーダーや上司から目的や目標を口頭で伝えられたなら、自分なりに書き出して「こういうことですか?」と確認しよう。

そうすることでお互いの認識や考えの相違がはっきりするし、正しく目的や目標を共有できる。目的や目標を共有できれば、自ずと「必ずできる」可能性も高まる。

ストレッチ思考が目指すのは、実のところ「高い目標」自体でなく、それを実現するための「発想の広がり」だ。だから、仮に目標を達成できなくても決して無駄にはならない。

非常に高い目標を掲げ、アンリーズナブルな高い水準を目指すことで、これまでになかった発想が広がる。発想を広げてこれまでとは違う水準に挑戦すれば、改革や成長につながる。個人にとっても組織にとっても大きな収穫が生まれるのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。