南北会談、平昌への選手団派遣がテーマに

韓国が1月9日に高官級会談を行うことを提案

 1月2日、韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相は記者会見で、高官級の南北当局者会談を9日に板門店で行うことを北朝鮮側に提案した。写真は板門店で警備にあたる韓国兵。2017年9月撮影(2018年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 2日 ロイター] - 韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相は2日、記者会見で、高官級の南北当局者会談を9日に板門店で行うことを北朝鮮側に提案した。

同相は南北会談について、韓国の平昌で来月開幕する冬季五輪への北朝鮮の選手団派遣を巡って話し合うことになるとの見方を示した。

北朝鮮の最高指導者である金正恩朝鮮労働党委員長は1日、「新年の辞」を発表し、韓国との「対話に柔軟」と表明した。また平昌冬季五輪に選手団を派遣する可能性について検討する考えも合わせて示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT