朝鮮有事では中国の軍事介入に警戒すべきだ

米国の外交専門家による警告

中国が、朝鮮半島をアメリカの好きにさせるはずがない(写真:Y.TATSU / PIXTA)
中国による北朝鮮への軍事介入を、これまでアメリカは想定してこなかった。トランプ政権は一刻も早く、中国を巻き込んだ危機管理体制の整備や、再統一後のビジョンを確立すべきだ。

朝鮮半島で戦争が起こる可能性が日に日に増している。ドナルド・トランプ米政権は、北朝鮮が核兵器でアメリカを攻撃する能力を手に入れることは断じて認めない立場だ。だが北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は核・ミサイル開発を止めるどころか減速する気配すらない。緊張緩和のために譲歩する気はどちらにもなく、米政府は軍事攻撃以外の選択肢は残り少ないと警告した。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

朝鮮半島で戦争が起きれば壊滅的な結果になるだろう。米議会調査局の推計によれば、最初の数日で最大30万人の死者が出る。数百万人の難民と大規模な人道危機が発生し、戦災復興には少なくとも1兆ドルかかる。だが悲劇はそれだけではない。北朝鮮で米軍と韓国軍が対峙するのは北朝鮮軍だけではすまない可能性が高い。

北朝鮮に自ら戦争を仕掛けることはないが、ひとたび朝鮮半島が不安定化するか戦場になったら黙っていないのが中国だ。朝鮮半島をアメリカの好きにさせるはずがない。急ピッチで軍事力増強を続けてきた中国は、いざとなれば数万人の警察や兵士を北朝鮮に投入する可能性が高い。ところが今のアメリカは、このシナリオに対する準備がまったくない。中国との不用意な軍事衝突を避け、アジアでのアメリカの長期的な利益を死守するため、トランプ政権は戦後の北朝鮮をアメリカにとって好ましい姿に導くための計画策定にすぐ着手すべきだ。

中朝軍事同盟は形骸化

1961年の中朝友好協力相互援助条約による軍事同盟はあっても、もはや中国が捨て身で北朝鮮を助けに行くことはない。米朝関係は近年急速に悪化したし、金は中国の習近平国家主席といまだに対面すらしていない。中国政府とつながりの深い高官も次々に粛清した。中朝関係の改善を図って11月下旬に中国特使が北朝鮮を訪問したが、金は面会を拒否した。

次ページ中国の軍事介入はほぼ不可避
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?