iPhone Xは「好調」か、それとも「低迷」か

アナリストの見方が真っ二つに

 12月27日、米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の販売が低迷するとの見方が浮上している。北京で10月撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[北京/サンフランシスコ 27日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の販売が低迷するとの見方が浮上している。

台湾の経済日報は25日、匿名筋の話として、アップルがiPhoneXの四半期の販売見通しを当初の5000万台から3000万台に下方修正すると報道。一部のアナリストも、第1・四半期のiPhoneXの需要が予想を下回るのではないかとの見方を示している。

アップルは11月にiPhoneXを発売。米国での基本販売価格は999ドル。同社はiPhoneXの四半期販売目標を公表していない。

アップルの広報担当は、市場のうわさにはコメントしないとしている。

26日のアップル株は2.5%下落

アップル株は、iPhoneXの発売前の時点で年初から45%値上がりしていたが、iPhoneX発売後は小幅に値下がりしている。26日のアップル株は2.5%下落した。

同社のティム・クック最高経営責任者(CEO)は今月、中国を訪問した際、同国でのiPhoneXの需要について「これ以上満足できないほど満足している」とコメント。同社はiPhoneXの先行予約が「とてつもない」水準に達しているとも表明していた。

次ページアナリストの見方、大きく分かれる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT