iPhone Xは「好調」か、それとも「低迷」か

アナリストの見方が真っ二つに

 12月27日、米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の販売が低迷するとの見方が浮上している。北京で10月撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[北京/サンフランシスコ 27日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の販売が低迷するとの見方が浮上している。

台湾の経済日報は25日、匿名筋の話として、アップルがiPhoneXの四半期の販売見通しを当初の5000万台から3000万台に下方修正すると報道。一部のアナリストも、第1・四半期のiPhoneXの需要が予想を下回るのではないかとの見方を示している。

アップルは11月にiPhoneXを発売。米国での基本販売価格は999ドル。同社はiPhoneXの四半期販売目標を公表していない。

アップルの広報担当は、市場のうわさにはコメントしないとしている。

26日のアップル株は2.5%下落

アップル株は、iPhoneXの発売前の時点で年初から45%値上がりしていたが、iPhoneX発売後は小幅に値下がりしている。26日のアップル株は2.5%下落した。

同社のティム・クック最高経営責任者(CEO)は今月、中国を訪問した際、同国でのiPhoneXの需要について「これ以上満足できないほど満足している」とコメント。同社はiPhoneXの先行予約が「とてつもない」水準に達しているとも表明していた。

次ページアナリストの見方、大きく分かれる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。