S・スタローンにまで性的暴行疑惑が浮上

本人は「完全な作り話」と全面否定

 12月21日、米俳優シルベスター・スタローンさん(71)は、1990年代に女性に性的暴行を加えたとの疑惑を強く否定し、「完全な作り話」だと述べた。写真は4月撮影(2017年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 21日 ロイター] - 米俳優シルベスター・スタローンさん(71)は21日、1990年代に女性に性的暴行を加えたとの疑惑を全面的に否定し、「完全な作り話」だと述べた。

芸能ニュースサイト「TMZ」が警察関係者の話として20日報じたところによると、ある女性が最近、90年代にスタローンさんにレイプされたとサンタモニカ警察に報告したという。

スタローンさんの弁護士は、女性は27年前にレイプされたと警察に報告したが、スタローン氏はきっぱり否定していると述べた。また、警察に虚偽の報告をしたとして申し立てることも計画しているという。

サンタモニカ警察は、この件については調査中だと述べたが、詳細は明らかにしなかった。

スタローンさんは1976年にアカデミー賞を獲得した映画「ロッキー」で脚光を浴び、ハリウッドの大物スターとして活躍している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT