S・スタローンにまで性的暴行疑惑が浮上

本人は「完全な作り話」と全面否定

 12月21日、米俳優シルベスター・スタローンさん(71)は、1990年代に女性に性的暴行を加えたとの疑惑を強く否定し、「完全な作り話」だと述べた。写真は4月撮影(2017年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 21日 ロイター] - 米俳優シルベスター・スタローンさん(71)は21日、1990年代に女性に性的暴行を加えたとの疑惑を全面的に否定し、「完全な作り話」だと述べた。

芸能ニュースサイト「TMZ」が警察関係者の話として20日報じたところによると、ある女性が最近、90年代にスタローンさんにレイプされたとサンタモニカ警察に報告したという。

スタローンさんの弁護士は、女性は27年前にレイプされたと警察に報告したが、スタローン氏はきっぱり否定していると述べた。また、警察に虚偽の報告をしたとして申し立てることも計画しているという。

サンタモニカ警察は、この件については調査中だと述べたが、詳細は明らかにしなかった。

スタローンさんは1976年にアカデミー賞を獲得した映画「ロッキー」で脚光を浴び、ハリウッドの大物スターとして活躍している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。