「自動ブレーキ」の安全性能はまだ発展途上だ

「ぶつからない」車の実力が過信できない理由

歩行者に対する「被害軽減ブレーキ」評価試験の様子。国内では交通死亡事故のうち、歩行者が占める割合が4割と多く、安全対策が急務だ(写真:自動車事故対策機構)

被害軽減ブレーキ、車線逸脱防止装置、ふらつき注意喚起、踏み間違い防止装置…。ドライバーの安全運転を支援する機能を搭載した車が急速に普及している。

もっともポピュラーな被害軽減ブレーキでは、2010年の乗用車の全生産台数に占める搭載率はわずかに1%だったが、2015年に40%に達している(国土交通省調査)。自動車メーカーのテレビCMなどでも、安全運転支援機能を〝ウリ〟にした宣伝が花盛りだ。

だが、こうした機能は万能ではなく、メーカーや車種によって事故を防止する「実力」に差があることは、ほとんど知られていない。

対歩行者の被害軽減ブレーキの「効き」に大きな差

その「実力」をさまざまな角度からの試験を通して点数化したのが、独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が年2回実施し発表する「予防安全性能評価」(NASVAの予防安全性能アセスメント)だ。

もともと同機構は、自動車事故時の車の安全性を評価する「衝突安全性能評価」を20年以上前から実施していたが、2014年度から事故を防ぐための予防安全性能の評価も開始。

「被害軽減ブレーキ(対車両)」「車線はみ出し警報」を皮切りに、「後方視界情報」「被害軽減ブレーキ(対歩行者)」へと評価対象を拡大し、2017年度からは「車線逸脱抑制」も開始している。

次ページ減点ゼロ、新型ノートの実力
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT