カナダで戦う、DeNAとバンナムの真意

日系ゲーム大手の現地責任者を直撃

デジタルメディア関連産業、中でもゲーム会社への手厚い支援が注目されるカナダ・ブリティッシュコロンビア(BC)州。その最大都市バンクーバーには、日本を含めた世界中から有数のゲーム会社が集積している。なぜ、各社はバンクーバーへの進出を決めたのか。拠点開設後の手ごたえはどうなのか。9月18日配信の「日系ゲーム企業、バンクーバーに集う」の続編となる第2回目記事として、現地に進出する日本企業の責任者に取材した。

モバゲー海外事業の黒字化に貢献

ソーシャルゲーム大手のディー・エヌ・エー(DeNA)は、2012年2月にバンクーバーで現地法人を設立した。同現法は、多くのオフィスやホテルが居並ぶバンクーバーシティセンター駅からほど近くに所在している。街のサイズがコンパクトで、中心部はほぼ徒歩で回れるのもバンクーバーの特徴だ。

DeNAの海外事業は長らく苦戦続きだったが、ようやく明るい兆しが見え始めている。「モバゲーウエスト」と呼ぶ欧米向けサービスの収支が、6月単月で黒字化を達成。現在、DeNAは現在海外9カ国に事業を展開しているが、中でも欧米での売り上げ比率は高いため、モバゲーウエストの黒字転換は海外事業全体を成長軌道に乗せる上での弾みとなった。

モバゲーウエストの黒字化には、バンクーバーオフィスも役割を果たした。現法責任者でエグゼクティブプロデューサーの中谷健氏は、「拠点の開発以降、順調に人員を増やし、成果も上げられている」と強調する。

DeNAの海外戦略の要は米国サンフランシスコで、南北で隣接するバンクーバーオフィスは当初、そのサポートの位置づけが強かった。しかし現在、バンクーバーではネイティブアプリのタイトル3つを提供(「NFLマッチアップス」「G.I.JOE バトルグラウンド」「ザ・パワフルNYC」)。「13年度内にはさらに複数本のタイトル投入を考えている」(中谷氏)という。

10カ国以上の国籍を持つ従業員が働くDeNAのバンクーバーオフィス。「通常数ヶ月かかるところ、1カ月でビザが取れるのも採用面の魅力」(中谷健氏)

ネイティブアプリとは、スマートフォン端末で直接起動するアプリのこと。国内で展開するモバゲーは従来型携帯電話を主体とするサーバーと通信しながら遊ぶウェブ型のゲームがメインだが、海外ではアップルのOS(基本ソフト)iOS、グーグルのOSアンドロイドを搭載したスマホ端末で遊ぶネイティブアプリが主流となっている。ネイティブアプリでのヒットタイトル創出はDeNAとって目下最大の課題のため、バンクーバーオフィスにかけられる期待も高いというわけだ。

次ページDeNAが惹かれた魅力とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT