スクエニ、「ドラクエ」「FF」頼みの限界

和田社長退任でも、拭えぬ不安

業績見通しの下方修正と経営体制刷新を発表する、和田洋一氏(右)と松田洋祐氏

実力社長のあっけない“幕切れ”である。

「ファイナルファンタジー(FF)」や「ドラゴンクエスト(ドラクエ)」など、絶対的な人気タイトルを有するゲームソフトメーカー大手、スクウェア・エニックス・ホールディングスが、曲がり角を迎えている。

合併後、初の営業赤字に転落

スクエニは3月26日、今年度(2013年3月期)見通しを下方修正するとともに、経営体制の刷新を発表した。今年度は営業赤字60億円、最終赤字130億円で着地する見通しだ。営業赤字は03年に旧エニックスと旧スクウェアが合併して以来、初めて。2期ぶりに計上する最終赤字は過去最大規模となる。

12年8月に発売した「ドラゴンクエスト10」。初のオンライン化で意気込んだが、予算未達となっている

深刻な経営不振を受け、スクエニは経営陣を刷新する。スクウェア時代から数えて11年以上トップに君臨した和田洋一社長が6月の株主総会後に退任。後任には経理財務担当代表取締役の松田洋祐氏が就く。

新体制移行後の取締役候補として確定しているのは、現時点で松田新社長と欧州拠点の責任者であるフィル・ロジャース氏のみ。03年から代表取締役副社長を務める本多圭司氏(元エニックス社長)を含め、残る4人の取締役は再任されない可能性がある。

「色々手を打ちやることはやってきたつもりだが、10年以降の業績が一向にさえない。私の力が及ばずということで、こういうことになっている」。同日、東新宿の本社で開かれた会見で、和田氏はこう述べた。松田新社長を後任に指名した理由については、「(スクウェア時代から在籍しており)新しい人間ではないが、抜本的改革ができる。筋を通すことができ、決断力がある」と説明。今回の経営体制刷新は「(筆頭株主兼名誉会長である)福嶋康博氏の意向ではない」(和田氏)としている。

次ページ合併後の買収はことごとく失敗
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。