スクエニ、「ドラクエ」「FF」頼みの限界

和田社長退任でも、拭えぬ不安

コスト削減や不採算部門の整理などには手腕を発揮できそうだが、何か新しいものを生み出すという観点でみると未知数だ。報道陣や証券アナリストの質問には、「クリエイティビティと利益を両立する会社にする。(資本・業務提携について)全てのオプションが考えられる。具体的なプランについては(5月の)決算説明会で話したい」と述べている。松田氏の役割は、外部企業との連携を見据えたリストラ担当の色づけが濃いようにも見える。

「実態はあまり変わらない」との声も

一方、和田氏の今後の処遇も判然としない。和田氏は「ホールディングスからは完全に退く、経営には全く口を出さない」としながら、「次の分野も含めて、社員として別の形でお手伝いをする。通常の雑巾がけからきっちりと働いて、お返しする」と話している。新興国の開拓とネット対応の業務を担当すると見られるが、スクエニ関係者からは「新体制になっても実態はあまり変わらないのでは」との声も聞こえてくる。

「非常にひどい決算になり、株主の皆さまにご心配、ご迷惑をおかけした」。会見の冒頭、和田氏はため息混じりに発した。しかし、今、スクエニに求められているのは、株主よりも先にユーザーの声に耳を傾けることだろう。「最高の『物語』を提供することで、世界中の人々の幸福に貢献する」。企業理念を具現化できるかどうかが、再生のカギとなる。

(撮影:尾形 文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。