スクエニ、「ドラクエ」「FF」頼みの限界

和田社長退任でも、拭えぬ不安

コスト削減や不採算部門の整理などには手腕を発揮できそうだが、何か新しいものを生み出すという観点でみると未知数だ。報道陣や証券アナリストの質問には、「クリエイティビティと利益を両立する会社にする。(資本・業務提携について)全てのオプションが考えられる。具体的なプランについては(5月の)決算説明会で話したい」と述べている。松田氏の役割は、外部企業との連携を見据えたリストラ担当の色づけが濃いようにも見える。

「実態はあまり変わらない」との声も

一方、和田氏の今後の処遇も判然としない。和田氏は「ホールディングスからは完全に退く、経営には全く口を出さない」としながら、「次の分野も含めて、社員として別の形でお手伝いをする。通常の雑巾がけからきっちりと働いて、お返しする」と話している。新興国の開拓とネット対応の業務を担当すると見られるが、スクエニ関係者からは「新体制になっても実態はあまり変わらないのでは」との声も聞こえてくる。

「非常にひどい決算になり、株主の皆さまにご心配、ご迷惑をおかけした」。会見の冒頭、和田氏はため息混じりに発した。しかし、今、スクエニに求められているのは、株主よりも先にユーザーの声に耳を傾けることだろう。「最高の『物語』を提供することで、世界中の人々の幸福に貢献する」。企業理念を具現化できるかどうかが、再生のカギとなる。

(撮影:尾形 文繁)

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。