東京エレ+アプライド、時価総額は2.8兆円

シェア25%を握る巨大企業が誕生

[東京 24日 ロイター] - 東京エレクトロン<8035.T>と米アプライドマテリアルズは24日、経営統合すると発表した。統合新会社の時価総額は290億ドル(2.8兆円)。半導体製造装置の世界3位と首位が統合することで、業界内で圧倒的な規模を確保し、コスト削減などで相乗効果を狙う。

経営統合は、両社の株主総会での承認や各国の競争法の認可を経て2014年後半に完了する見込み。両社合算の年間売上高は126億ドル(1兆2300億円)、従業員は2万7000人に拡大する。

半導体製造装置は種類が多く、手掛ける製品が異なるために単純比較はできないが、統合により両社の売上高シェアは約25%となり、現在2位の蘭ASMLの2倍に増える。

米調査会社IHSグローバルの主席アナリスト、南川明氏は「半導体製造装置の成長は頭打ちでシェアの食い合いになっている」と指摘。「2社が一緒になれば圧倒的に強くなる。業界再編のきっかけになるかもしれない」と話す。

また、大手2社が統合することで、顧客である米インテル、韓国サムスン電子<005930.KS>、台湾TSMC<2330.TW>、東芝<6502.T>など半導体メーカーに対する交渉力が増す可能性もある。

アドバンストリサーチジャパンのシニアアナリスト、デビド ・ルーベンスティン氏は「2社が一緒になれば(半導体導体ウエハーに回路を形成する)エッチング市場でシェアが6─7割になる」と話す。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT