NY株、ダウなど3指数が過去最高値を更新

ナスダック総合指数は一時7000ポイント突破

 12月18日、米国株式市場は主要3指数が終値ベースで最高値を更新して終了した。米税制改革法案が成立に近づいたとの見方が広がり、楽観的なムードが維持された。ニューヨーク証券取引所で13日撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米国株式市場は主要3指数が終値ベースで最高値を更新して終了した。米税制改革法案が成立に近づいたとの見方が広がり、楽観的なムードが維持された。

ナスダック総合<.IXIC>は一時7000ポイントを突破。ただ終値はこの水準を下回った。

米議会は税制改革法案の採決を19日に開始する見込みで、トランプ大統領による法案署名を週末までに行うことを目指している。共和党のスーザン・コリンズ上院議員は、同法案への支持を表明した。

ジョーンズ・トレーディング(コネティカット州)のチーフ市場ストラテジスト、マイケル・オルーク氏は「議会ではここ5年間、法案が通過できない状況が続いていた」とし、「主要な法案が通過すれば市場は喜ぶだろう」と述べた。

主要3指数のほか、ナスダック100指数<.NDX>とS&P100指数<.OEXA>も最高値を付けた。中小企業を対象とするラッセル2000指数<.RUT>も1.2%高と、終値ベースで最高値を更新した。

S&P素材株指数<.SPLRCM>は1.5%高と、主要11セクターのうち最も上昇した。一方、最も下げたのはS&P公益事業株指数<.SPLRCU>で1.2%安。

この日は買収関連のニュースが多く伝えられた。

スナック食品アンプリファイ・スナック・ブランズ<BETR.N>は71.6%高。チョコレート大手ハーシー<HSY.N>はアンプリファイを買収すると発表。ハーシーは0.1%値上がりした。

米スナック菓子5位のスナイダーズ・ランス<LNCE.O>は6.9%上昇。スープ世界最大手の米キャンベル・スープ<CPB.N>は同社を買収すると発表した。

カジノ運営のペン・ナショナル・ゲーミング<PENN.O>は同業のピナクル・エンターテインメント<PNK.O>の買収を発表。ペン・ナショナルは2.2%安、ピナクルは0.7%上昇した。

ツイッター<TWTR.N>は11%高。JPモルガンは、ツイッターの2018年の1日当たり平均ユーザー数の伸びが2桁台になると予想した。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を上回り、比率は2.43対1。ナスダックでも2.13対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は約71億株。トムソン・ロイターのデータによると、直近20営業日の平均は68億株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 24793.72 +141.98 +0.58 24739.56 24876.07 24739.56 <.DJI>

前営業日終値 24651.74

ナスダック総合 6994.76 +58.18 +0.84 6980.40 7003.89 6975.55 <.IXIC>

前営業日終値 6936.58

S&P総合500種 2690.16 +14.35 +0.54 2685.92 2694.97 2685.92 <.SPX>

前営業日終値 2675.81

ダウ輸送株20種 10523.12 +130.11 +1.25 <.DJT>

ダウ公共株15種 745.94 -7.44 -0.99 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1277.91 +27.02 +2.16 <.SOX>

VIX指数9.53 +0.11 +1.17 <.VIX>

S&P一般消費財 786.97 +6.21 +0.80 <.SPLRCD>

S&P素材 375.94 +5.47 +1.48 <.SPLRCM>

S&P工業 634.11 +4.23 +0.67 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 587.85 -0.49 -0.08 <.SPLRCS>

S&P金融 466.66 +3.82 +0.82 <.SPSY>

S&P不動産 206.68 +0.67 +0.33 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 512.76 +3.52 +0.69 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 969.55 -0.11 -0.01 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 165.99 +1.57 +0.96 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1128.90 +8.47 +0.76 <.SPLRCT>

S&P公益事業 276.50 -3.24 -1.16 <.SPLRCU>

NYSE出来高 9.21億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 23000 + 120 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限 円建て 22960 + 80 大阪比 <0#NIY:>

 

(ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。