それは“敗北”から始まった。MRJが三菱重工を変える

「国とともに」と最後の“担保”

「今の利益率ではまだ低い。12年には(MRJの開発負担をこなし)過去最高の営業利益を目指したい」と大宮社長は言う。スピードとシェア、そしてモジュラー・デザイン。大宮社長の“革命”が三菱重工の収益性を押し上げれば、それがMRJの最大の推進エンジンとなる。

が、収益力以外にも、MRJを支える“担保”がないわけではない。「国とともにある」三菱重工の存在感である。今も昔も、三菱重工は防衛省の契約額ランキングのトップ企業だ。日の丸ロケットH2Aでは生産の取りまとめから打ち上げまで一貫して責任を持つ「プライム会社」であり、高速炉増殖炉の開発の「中核会社」にも選定されている。米国が音頭を取るGNEP(使用済み核燃料再処理のための国際原子力エネルギー・パートーナーシップ)にも、日本を代表する形で招聘された。

昨年のパリ・エアショーでは日本の駐仏大使館がMRJのためにレセプションを催した。一企業の一商品に、そこまで国が肩入れするのは前代未聞。「国とともに」の三菱重工だから、の支援だろう。

そして、最後の担保--。大宮社長を選んだ佃会長はこう言った。「航空機事業は新参者。これから数年、屋台骨を揺るがすような重要なステップになる。事業性の見極め、決断が大事。新社長なら、長い経験を生かし、的確に判断してもらえる」。

大宮社長は冷熱事業本部時代、ルームエアコンの量販店販売の撤退、パッケージエアコンの全面海外生産移管を決断した。「(撤退も生産移管も)簡単な決断ではない。事業のクライテリアに照らし、やるべきことは厳然とやらねば。思い入れと事業は違うからね。日本経営の特性は長期的視点だけれど、企業を預かっている。9・11のような事態が起こったら、どうするか。やめる決心ができない、ということではない」(大宮社長)。MRJ発進の“最後の担保”は、大宮社長その人である。


(週刊東洋経済編集部)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT