ダメな投資家がこだわる「3つの誤った常識」

日経平均株価は年末に2万4000円台へ

「日本株はまだ上昇する。3つの常識にとらわれる投資家は儲けられない」と筆者は言う(写真 : Graphs / PIXTA)

米国株は典型的な高値波乱に入った

日本株は11月9日の取引時間中の高値2万3382円を取った後の利益確定売りを、順調にこなしている。

それに引き替え、米国株は典型的な高値波乱だ。11月末のNYダウは331ドル高の2万4272ドルと3日連続の史上最高値で2万4000ドル台に乗せた。上げ幅は今年最大で、月足連続上昇記録は22年ぶりのタイ記録だ。ところが翌12月初日には、ロシア疑惑の再浮上で一時350ドル安を付けるなど、激しい攻防戦を展開している。

1日伸びて波乱理由の1つになっていた米上院本会議での税制改革法案が可決された。すでに下院では可決されているので、これから両院協議会で両院案を一本化する作業が始まる。

協議は長期化する可能性はあるが、30年ぶりの大幅な税制改革が達成されることは間違いない。両院とも法人税率20%で一致したので、ドナルド・トランプ大統領の公約である15%には届かないが、ほぼ大統領の勝利と言える。

問題は導入時期と、個人税率の税区分等だが、NY株は、これらの進展具合と、ロシア疑惑問題が交錯して、高値波乱が続きそうだ。2018年にはFRB(米連邦準備制度理事会)議長が交代するが、歴史を振り返ると、1987年のブラックマンデーはアラン・グリーンスパン議長就任直後に起こり、2008年のリーマンショックのもととなるサブプライム金融モデルも、ベン・バーナンキ議長就任後の肩慣らし期間の裏で急速に進んだ。

米国には目が離せないが、それだけに安定した先行き(北朝鮮リスクを除く)が見えている日本の魅力が増す。外国人投資家(現物)が11月第3週、第4週合計で約6000億円の売り越しに転じたように見えるが、これは「新値一呼吸」に起きる当然の現象と思っている。まだ日本株を買っていないファンドが多数ある。

次ページ「デフレの20年」で作られた悪しき投資常識とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT