OPEC、協調減産18年末までの延長で合意

リビアの産油量上限について詰めの協議

 11月30日、OPECは、協調減産の2018年末までの延長で合意した。OPEC本部前(2017年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[ウィーン 30日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)加盟国と、ロシアなど非加盟産油国は30日、協調減産を2018年末まで延長することで合意した。現行の日量約180万バレルの減産合意は、18年3月に期限を迎える。

減産合意の適用除外となっていたナイジェリアとリビアについて、両国の合計の産油量上限を2017年の水準、日量280万バレルを下回る水準とすることも決めた。

サウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は記者団に、低需要の冬季に差し掛かる中、減産終了について語るのは少なくとも当面、時期尚早との認識を示した。

OPECが、来年6月の次回会合で進展状況を精査すると説明。「出口に向かう際には、市場に衝撃を与えないよう、非常に緩やかに進めようと考えている」と述べた。

OPECと非加盟国の共同声明は、来年6月の次回会合が市況に基づいて、合意内容を調整する機会になるとした。

減産合意延長を受け、北海ブレント先物<LCOc1>は約0.7%高の1バレル=63.57ドルで清算した。

*内容を追加します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT