トヨタとスズキ、インドへのEV投入で握手

2020年には投入、スズキ産EVにトヨタが支援

 11月17日、トヨタとスズキは、インド市場への電気自動車(EV)投入に向けた提携を進めることで合意したと発表した。写真はトヨタの豊田章男社長(左)とスズキの鈴木修CEO(右)。10月に都内で撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>とスズキ<7269.T>は17日、2020年ごろのインド市場への電気自動車(EV)投入に向けた提携の検討で合意したと発表した。両社は2月に業務提携に向けた覚書を締結。環境・安全・情報の各技術や商品補完などで協業する方針を示し、これまでに具体策の検討を進めてきた。インドにおけるEV投入での協力はその第一弾となる。

スズキがインド市場向けに生産するEVに、トヨタが「コネクテッドカー(インターネットと常時つながる車)」の最先端技術などを提供することで支援する。トヨタもスズキから供給を受け、自社ブランドで発売する方針。充電ステーションの整備や販売店の技術者育成などでも協業を検討するという。

トヨタは9月、マツダ<7261.T>、デンソー<6902.T>とEVの基盤技術を開発する新会社を設立しており、スズキも新会社への参画には前向きだが、今回のインド市場向けのEVとは別の枠組みになるとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。