トヨタ「ハイラックス」が映す若者開拓の糸口

復活のピックアップに20~30代が飛びついた

ピックアップトラック「ハイラックス」が13年ぶりに復活

トヨタ自動車が13年ぶりに日本市場に復活させたピックアップトラック「ハイラックス」の報道関係者向け試乗会に参加した。5人乗りの車室の後ろに大きな荷台がついたタイプの乗用車だ。

富士五湖のひとつ、西湖の湖畔で開催された試乗会には開発担当者も来ていたので、いろいろ聞いてみた。そこで意外な情報を教えられた。発売から約1カ月が経過した取材時点で、購入者の中心は20〜30歳代の男性であり、初めて購入するクルマという人も多いというのだ。

5人乗りの車室の後ろに大きな荷台がついている

同じトヨタのSUV「ランドクルーザー(ランクル)70」との関係も気になって聞いてみた。ランクル70は2014年8月、日本市場には10年ぶりの復活を果たし、安全基準が強化されて販売ができなくなる翌年6月生産分までの約1年間限定で販売された。今回のハイラックスは期間限定ではなく継続的なモデルとして販売するそうだが、ストーリーとしては似ている。

トヨタ社内でハイラックス復活の声は、ランクル70の前からあったそうだ。前回の販売終了から3年後の2007年に最初の話が持ち上がり、その後2度ほど話題になったという。それが実現しなかったのは、トヨタ社内では優先順位の低いプロジェクトであり、リーマンショックや北米でのリコール騒ぎなどがあったために流れてしまったのだ。

購入者の中心は20〜30歳代の男性

ランクル70は月間目標台数の200台に対して、1年間に約7500台が売れたという。今回のハイラックス復活は、国内に約9000人いるというハイラックス所有者に対する代替需要を第一義的に挙げながら、ランクルと同じように潜在需要があると読んだのだろう。

次ページメルセデスのピックアップ市場参入
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT