スバル無資格検査リコール費用、約200億円に

6日に公表した見通しから倍増

 11月16日、SUBARU(スバル)は、無資格者が新車出荷前の完成検査を行っていた問題に伴うリコール(回収・無償修理)関連費用が約200億円になる見通しと明らかにした。写真は都内で10月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 16日 ロイター] - SUBARU(スバル)<7270.T>は16日、無資格者が新車出荷前の完成検査を行っていた問題に伴うリコール(回収・無償修理)関連費用が約200億円になる見通しと明らかにした。6日の中間決算時に公表した約100億円から倍増する。ただ、経理処理の時期などが確定しておらず、2018年3月期の連結業績予想は100億円を織り込んだままにし、現時点では修正しない。

同社は16日、無資格者による完成検査問題の対象車両約39万5000台のリコールを国土交通省に届け出た。関連費用の約200億円には、リコールに伴う告知費用や作業費用、リコールの促進費用を含む。同社は促進策の一環として、通常の車検が近い顧客には1度で指定整備工場への持ち込みが済むよう重複作業分約5万円の補助を支払うことを決めた。

(白木真紀)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT