ミスター社会人に学ぶ、40歳超でも輝く術

後悔をモチベーションに変えるパワー

新記録に王手

09年の都市対抗では通算13号本塁打を放ち、4番打者としてホンダを優勝に導いた。その打棒はもちろん、西郷の姿勢がチームにいい流れを呼び込んだと安藤は言う。

「西郷はこれぞ社会人というお手本。走るにしろ、打つにしろ、意図が伝わってくる。守りでも攻撃でも、体を張っています。年齢が上の選手から若手まで、西郷の姿を見てまとまりました」

12年大会でタイ記録に並ぶ通算14本塁打を放ち、新記録に王手をかけた。記録はあくまで記録と位置づけるが、モチベーションになっている。

「安藤監督に『ホンダのユニフォームで記録を達成しろ』という言葉をもらって、ここに来ているので。何とか約束を果たせるようにと思っていますね」

10年限りで安藤がチームを去り、長谷川寿がチームを引き就いたが、西郷は4番を任されている。13年の都市対抗は初戦で敗れたものの、まだまだ勝利への欲は尽きない。

「これだけ長くやらせてもらって、チームが勝つ喜びを知っています。その喜びを1度知ったら、また味わいたいと思って目指しますね。若い選手にも、そういう気持ちを味わってもらいたい」

監督やコーチとして若手を指導する立場もあるが、現在の西郷にその選択肢はないという。

「チームメイトとして、何とか優勝するための力になりたい。生涯現役? まあ、許されるのであれば(笑)。でも、チームの役に立てなかったら意味がないので、何とかそうなりたいですね。周りから見て、『もう、やめればいいじゃん』と思う人はいっぱいいると思うんですよ。別に、それはしょうがない。でも、自分からあきらめる気にはなっていませんね。体が動くうちはやり続けたい。野球をできなくなった場合、またやりたくなることはわかっているから、やり切りたいですね」

過去の悔恨は、決して消すことができない。だが、後悔をモチベーションに変えることができれば、計り知れないパワーになる。

“ミスター社会人”の野球人生が、そう教えている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT