ソフトバンクG、スプリント株式を追加取得へ

85%以上にならない範囲内で買い増し

 11月6日、ソフトバンクグループは、米携帯電話子会社スプリント<S.N>の株式を追加出資する予定だと発表した。9月撮影(2017年 ロイター/Amr Alfiky)

[東京 6日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>は6日、米携帯電話子会社スプリント<S.N>の株式を追加出資する予定だと発表した。上場基準に抵触する可能性がある85%以上にならない範囲内で買い増す。

同社は2017年3月現在でスプリント株式の83.0%を保有。最大で2%程度しか追加取得できないが、スプリントとTモバイルUS<TMUS.O>との統合交渉が物別れに終わったことを受け、スプリントの経営に対するコミットメントを強める狙いがありそうだ。

現在の時価総額で換算すると取得額は最大600億円程度となる。

ソフトバンクグループの孫正義社長は発表資料の中で「スプリントは米国の消費者に向けてわれわれのビジョンを実現していくための重要な役割を担っている」とコメントした。

スプリントは4日(米国時間)、米携帯電話会社TモバイルUSとの統合交渉が合意に至らなかったと発表した。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。