小田急新ダイヤは不動産相場をどう変えるか

実は世田谷区内の利便性がアップ

現在、小田急線と東京メトロ千代田線直通の主力となっている「多摩急行」。2018年3月のダイヤ改正で姿を消すが、千代田線直通の本数は大幅に増える(写真:ゆうじ / PIXTA)

小田急小田原線の代々木上原―梅ヶ丘間で行われている複々線工事は順調に進んでおり、2018年3月にこの区間が供用開始されると、念願の代々木上原―登戸間約11.7kmの複々線化が完了する。

このスケジュールはすでに発表されていたが、新ダイヤがどうなるか、特に東京メトロ千代田線との相互直通運転(相直)の体制がどう変化するかに関心が集まっていた。その2018年3月からの新ダイヤの概要が、11月1日に発表された。

注目された「千代田線直通」の変化

小田急線と東京メトロ千代田線の相直は1978年に開始されており、長い歴史があるが、その形態は時代によって変わってきた。当初は本厚木への直通(小田急線内は準急)という形態であったのが、2002年からは多摩線への直通が開始され、現在は唐木田―綾瀬・柏・我孫子間を走る「多摩急行」がお馴染みとなっている。

千代田線はJR常磐線の取手まで直通運転を行っているが、以前は「小田急―メトロ―JR」の3路線直通に対応しているのは東京メトロの車両だけだった。だが、2016年3月の時点でJR東日本、小田急の車両も3社直通対応とする工事が行われており、相直をより拡大するうえでの車両側の準備は整っていた。

こうした状況から、2018年3月の新ダイヤへの期待が高まっていたわけだが、小田急電鉄からは長い間「輸送力の大幅アップ」と「ラッシュ時間帯の特急ロマンスカー増発」といった方針が発表されていただけだった。

次ページ「箝口令」が敷かれていた新ダイヤ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT