東京モーターショー「食で楽しむ」という視点

「グルメキングダム」5つのポイント

80万~90万人の来場者数を見込む(筆者撮影)

10月28日から東京・有明の東京ビッグサイトで一般公開が始まった「第45回東京モーターショー2017」(11月5日まで)。乗用車をはじめ、商用車、二輪車、車体、部品など自動車関連サービスを含む総合ショーとして、世界10カ国から150社・団体の出展者が集結している。

将来のモビリティ社会がもたらす新しい価値や社会とのつながりをわかりやすく、参加型の3つのプログラム「インタラクティブ展示」「VR展示」「トークイベント」も用意した。

そんな「東京モーターショー」だが、もう1つの楽しみ方がある。それがグルメだ。特に「東京モーターショー」と「食べあるキング」のコラボレーションにより、西展示棟4F屋上展示場で開催されている「グルメキングダム2017」の注目度が高い(各日10時~20時、日曜のみ18時まで)。

グルメキングダム会場には14店舗のキッチンカーが並ぶ(筆者撮影)

食べあるキングとは、「食を通じて日本を元気に!」を合言葉に、発信力のある食べ歩きの達人たちが、オールスターチームを結成。約30人のメンバーによるSNS時代を代表するグルメユニット。東京モーターショーとのコラボレーションも、今回で3回目となる。

成功のカギを握るさまざまな「仕掛け」

今回の「グルメキングタム」でも、実はいくつかの仕掛けが施されている。ポイントは5つだ。

まず、主催イベントとの調和だ。今回の「東京モーターショー」のメインテーマである「未来につながるモーターショー」を受けて、今回の屋外グルメイベントにおいて、今までにない「次世代」という概念をコンセプトに掲げた。単に有名店を誘致するのではなく、今度さらに発展してゆくであろう店舗などを集めた。

次ページ料理を絞るよりも拡充
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。