乗らずに語るな!注目の「新型通勤電車」10選

コンセント付きや低騒音、凝ったデザイン…

京王電鉄の新型車両5000系。2018年春からは座席指定列車にも使用される(筆者撮影)

この1年くらいの間に、新型通勤電車が続々と登場している。世代交代の時期になったためだが、どれも趣向を凝らした車両で、技術面、インテリアなど魅力的なものばかりだ。そうしたものを乗り比べ、個人的な印象、期待度、好感度など総合的に評価し、独断でランキングしてみた。

来春の本格デビューに期待

1)京王電鉄5000系(2代目)

この連載の過去記事はこちら

京王電鉄待望の座席指定列車用として製造された、ロングシートとクロスシートの両方に転換できる座席をもつ車両。1963年に登場した、名車の誉れ高い5000系と同じ形式名を名乗る「2代目」だ。戦前の京王電気軌道時代の150型以来となるクロスシート車に期待が高まる。

座席はロングシートとクロスシートの両方に転換できる。写真は転換中の様子(撮影:尾形文繁)

座席指定車にふさわしい高級感のあるシックな装いの車内は、かつて京王沿線に住み、通勤で利用した者にとっては意外性たっぷりの、京王らしからぬセンセーショナルな車両ともいえる。とりあえずはロングシート車としての運用で、座席指定列車としての運行は2018年春になるとのこと。

クロスシートになった場合、すべての座席でコンセントが使えるのも通勤車両としては大サービスである。乗ってみたい通勤電車の第1位に挙げておこう。

次ページ「電気が消える」懐かしの地下鉄を再現!
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。