乗らずに語るな!注目の「新型通勤電車」10選

コンセント付きや低騒音、凝ったデザイン…

京王電鉄の新型車両5000系。2018年春からは座席指定列車にも使用される(筆者撮影)

この1年くらいの間に、新型通勤電車が続々と登場している。世代交代の時期になったためだが、どれも趣向を凝らした車両で、技術面、インテリアなど魅力的なものばかりだ。そうしたものを乗り比べ、個人的な印象、期待度、好感度など総合的に評価し、独断でランキングしてみた。

来春の本格デビューに期待

1)京王電鉄5000系(2代目)

この連載の過去記事はこちら

京王電鉄待望の座席指定列車用として製造された、ロングシートとクロスシートの両方に転換できる座席をもつ車両。1963年に登場した、名車の誉れ高い5000系と同じ形式名を名乗る「2代目」だ。戦前の京王電気軌道時代の150型以来となるクロスシート車に期待が高まる。

座席はロングシートとクロスシートの両方に転換できる。写真は転換中の様子(撮影:尾形文繁)

座席指定車にふさわしい高級感のあるシックな装いの車内は、かつて京王沿線に住み、通勤で利用した者にとっては意外性たっぷりの、京王らしからぬセンセーショナルな車両ともいえる。とりあえずはロングシート車としての運用で、座席指定列車としての運行は2018年春になるとのこと。

クロスシートになった場合、すべての座席でコンセントが使えるのも通勤車両としては大サービスである。乗ってみたい通勤電車の第1位に挙げておこう。

次ページ「電気が消える」懐かしの地下鉄を再現!
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT