五輪2018年平昌冬季大会、全ての会場が完成

来年2月9日─25日の日程で開催

 10月23日、2018年平昌冬季五輪組織委員会の李熙範委員長は、全ての会場の建設が完了したと明かした。写真は同大会の開会式と閉会式の会場となる五輪スタジアム。韓国の平昌で9月撮影(2017年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[オリンピア(ギリシャ) 23日 ロイター] - 2018年平昌冬季五輪組織委員会の李熙範委員長は23日、全ての会場の建設が完了したと明かした。

平昌では最初の数年間での準備の遅れを取り戻すため、ホテルや競技会場を含む複数のプロジェクトの完了を急いでいた。

史上最大規模の冬季五輪に

李委員長は報道陣に対し、「競技会場を含む全ての会場が完成したことを発表する」とコメント。「選手たちが人生最高の経験ができるよう、最高の施設を用意したい。その実現に向けて着々と進んでいる」と述べた。

また、「高速鉄道や高速道路などのインフラ整備はすでに完了している。史上最大規模の冬季五輪、そして最も選手を第一に考える大会になる」と語った。

同大会は来年2月9日─25日の日程で開催される。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。