五輪2018年平昌冬季大会、全ての会場が完成

来年2月9日─25日の日程で開催

 10月23日、2018年平昌冬季五輪組織委員会の李熙範委員長は、全ての会場の建設が完了したと明かした。写真は同大会の開会式と閉会式の会場となる五輪スタジアム。韓国の平昌で9月撮影(2017年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[オリンピア(ギリシャ) 23日 ロイター] - 2018年平昌冬季五輪組織委員会の李熙範委員長は23日、全ての会場の建設が完了したと明かした。

平昌では最初の数年間での準備の遅れを取り戻すため、ホテルや競技会場を含む複数のプロジェクトの完了を急いでいた。

史上最大規模の冬季五輪に

李委員長は報道陣に対し、「競技会場を含む全ての会場が完成したことを発表する」とコメント。「選手たちが人生最高の経験ができるよう、最高の施設を用意したい。その実現に向けて着々と進んでいる」と述べた。

また、「高速鉄道や高速道路などのインフラ整備はすでに完了している。史上最大規模の冬季五輪、そして最も選手を第一に考える大会になる」と語った。

同大会は来年2月9日─25日の日程で開催される。

関連記事
トピックボードAD
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • フランスから日本を語る
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。