五輪2018年平昌冬季大会、全ての会場が完成

来年2月9日─25日の日程で開催

 10月23日、2018年平昌冬季五輪組織委員会の李熙範委員長は、全ての会場の建設が完了したと明かした。写真は同大会の開会式と閉会式の会場となる五輪スタジアム。韓国の平昌で9月撮影(2017年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[オリンピア(ギリシャ) 23日 ロイター] - 2018年平昌冬季五輪組織委員会の李熙範委員長は23日、全ての会場の建設が完了したと明かした。

平昌では最初の数年間での準備の遅れを取り戻すため、ホテルや競技会場を含む複数のプロジェクトの完了を急いでいた。

史上最大規模の冬季五輪に

李委員長は報道陣に対し、「競技会場を含む全ての会場が完成したことを発表する」とコメント。「選手たちが人生最高の経験ができるよう、最高の施設を用意したい。その実現に向けて着々と進んでいる」と述べた。

また、「高速鉄道や高速道路などのインフラ整備はすでに完了している。史上最大規模の冬季五輪、そして最も選手を第一に考える大会になる」と語った。

同大会は来年2月9日─25日の日程で開催される。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT