マッキンゼー「強さの秘密」はどこにあるのか

アイコン化した強い組織の研究<1>

創業者はジェームズ・O・マッキンゼー(写真左)と、マービン・バウワー(写真右)
本記事は『アイコン的組織論』(フィルムアート社)からの抜粋。同書に掲載された「アイコン化した強い組織」の知られざる秘密について説明されている箇所を5日連続で紹介する。第1回はマッキンゼー&カンパニーの強さの秘密について。

 

マッキンゼー(あるいは「ザ・ファーム」というのが、従業員のお気に入りの呼び方だ)は、野心を持って学校を卒業した人たちにとって、働きたい職場として神秘的なほどの人気を誇っている。

ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人たちがいちばん多く入社している会社で、2位のゴールドマン・サックスを大きく引き離している。影響力のあるキャリア・サイトVaultでは、過去10年間にわたり、働くのに最も誉れの高いコンサルティング会社、第1位になっている。

創業者はジェームズ・O・マッキンゼー

会社の設立は1926年で、創業者はジェームズ・O・マッキンゼーだ。設立当初から、彼のビジョンは最高の人材を集め、一流のクライアントのために働く、というものだった。マッキンゼー自身、シカゴ大学の教授だった。そして創業から6年後、マービン・バウワーと手を組むことになった。

彼はハーバード・ロー・スクールとハーバード・ビジネス・スクールの両
方を卒業し、名門法律事務所で働いていた。激動の数年(失敗に終わった合併や創業者マッキンゼーの突然の死、社内の分裂など)を経て、1939年にバウワーが、今日私たちが知っているアイコン的企業の基礎を、新たに構えたニューヨーク・オフィスで築いた(シカゴのオフィスは、A.T.カーニーとして運営を続け、現在でも一流企業にコンサルティング・サービスを提供している)。

マッキンゼーには毎年、膨大な数の入社希望者がいる。募集人数の何倍もの数だ。そしてその採用プロセスは業界で、最も厳しいと言われている。さまざまな国の優秀な人たちが、なぜ世界中を飛び回ったり、週60時間以上も働いたりすることも珍しくない環境に身を置きたがるのだろうか? 

次ページなぜ厳しい環境に身を置きたがるのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT