アサヒがビール系飲料を10年ぶりに値上げへ

業務用で10%程度

 10月3日、アサヒグループホールディングスは、業務用を中心にビール系飲料を値上げする。写真は都内のビアガーデンで2013年7月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 3日 ロイター] - アサヒグループホールディングス <2502.T>は、業務用を中心に瓶や樽詰めのビール系飲料(ビール、発泡酒、新ジャンル)を値上げする。

値上げは2018年3月出荷分からで、大瓶で10%前後の上げ幅となる見通し。値上げは2008年以来10年ぶり。広報担当者が明らかにした。

6月に施行された改正酒税法は、原価割れの販売を厳しく規制している。市場が縮小傾向にあり、競争が激化する中、物流費などのコストは上がっており、値上げを決めたと同社では説明している。今後、業界他社がどのように動くかが注目される。

(清水律子)

人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。