アサヒがビール系飲料を10年ぶりに値上げへ

業務用で10%程度

 10月3日、アサヒグループホールディングスは、業務用を中心にビール系飲料を値上げする。写真は都内のビアガーデンで2013年7月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 3日 ロイター] - アサヒグループホールディングス <2502.T>は、業務用を中心に瓶や樽詰めのビール系飲料(ビール、発泡酒、新ジャンル)を値上げする。

値上げは2018年3月出荷分からで、大瓶で10%前後の上げ幅となる見通し。値上げは2008年以来10年ぶり。広報担当者が明らかにした。

6月に施行された改正酒税法は、原価割れの販売を厳しく規制している。市場が縮小傾向にあり、競争が激化する中、物流費などのコストは上がっており、値上げを決めたと同社では説明している。今後、業界他社がどのように動くかが注目される。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT