アサヒがビール系飲料を10年ぶりに値上げへ

業務用で10%程度

 10月3日、アサヒグループホールディングスは、業務用を中心にビール系飲料を値上げする。写真は都内のビアガーデンで2013年7月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 3日 ロイター] - アサヒグループホールディングス <2502.T>は、業務用を中心に瓶や樽詰めのビール系飲料(ビール、発泡酒、新ジャンル)を値上げする。

値上げは2018年3月出荷分からで、大瓶で10%前後の上げ幅となる見通し。値上げは2008年以来10年ぶり。広報担当者が明らかにした。

6月に施行された改正酒税法は、原価割れの販売を厳しく規制している。市場が縮小傾向にあり、競争が激化する中、物流費などのコストは上がっており、値上げを決めたと同社では説明している。今後、業界他社がどのように動くかが注目される。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。