日産、21車種で無資格者が完成車検査の失態

国土交通省の立ち入り調査で判明

 9月29日、日産自動車は、新車出荷前に行う完成車検査工程の一部の項目で資格のない者が検査をしていたと発表した。5月撮影(2017年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[東京 29日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は29日、新車出荷前に行う完成車検査工程の一部の項目で資格のない者が検査をしていたと発表した。国土交通省による同社工場への立ち入り検査で判明した。

検査をやり直すため、グループ会社の工場を含む国内6工場で生産された、軽自動車を除く全21車種、約6万台の登録を一時停止した。販売店にある在庫車も再検査が終了するまで登録を一時とりやめる。

いつから適切でない検査を実施していたかは不明で、日産は今後、第三者を含むチームで原因などを調査するとしている。

国交省は同社に対して10月末をめどに調査の結果や再発防止策などについて報告するよう求めた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT