公安部検事「児童ポルノDVD12枚購入」の醜態

2カ月停職・50万円罰金、身内に甘いとの声も

この「別件の捜査」は現在も継続しているため、検察の捜査なのか、警察の捜査なのかすら「捜査に支障を来す可能性があるので答えられない」と、会見した山上秀明次席検事(東京地検ナンバーツーで広報を担当)は答えた。同じ理由で児童が18歳未満であるという以上のことはいえず、小学生か中学生か、男児か女児かは「コメントを差し控える」とした。

動機について山上次席検事は「性的好奇心に尽きる」とのみ回答。購入時点で、菅井検事に違法であるとの認識も「当然あった」とした。捜査目的ではなく、菅井検事が私的に購入したものだった。

菅井検事は東京地検の前は静岡地検、神戸地検、宮崎地検、長崎地検、仙台地検で検事を歴任。宮崎時代は同県初の裁判員裁判で主任検事を務めた。ほかの地検での余罪はないという。「ネットでの児童ポルノ動画閲覧などDVD以外の罪はないのか」という質問に、山上次席検事は「証拠上、立件できたのがDVD12枚である」とした。

決め手を欠く不祥事再発防止策

山上次席検事は「当庁コメント」として「職員がこのような事件を起こしたことは誠に遺憾であり、国民の皆様に深くお詫び申し上げます。当庁としては深刻に受け止め、改めて、このような事案が発生しないように職員に対する指導を徹底し、綱紀(国家を治める大本)の保持と再発防止に努めてまいります」との文章を2度読み上げた。

具体的な再発防止策について、「繰り返し指導することで各人の意識を高めることに尽きる。本件を機に指示文書を発出したが、年末など折に触れて同文書を発出する」と山上次席検事はコメントしたが、略式命令請求、2カ月の停職という甘い処分に加え、指導の徹底だけで不祥事の再発を防げるかは大いに疑問である。

いみじくも、「今回は職務外の私的な犯罪である」(山上次席検事)ことを理由に、菅井検事の上司への懲戒処分はいっさいしていないように、今回の不祥事はあくまでも私的な行為に関するものである。

検事のプライベートな時間で起きた不祥事を今後どう未然に防止していくのだろうか。「職員の意識向上」といった精神論だけでは、不祥事は繰り返されるおそれがある。捜査の専門機関もこればかりは「正直お手上げ」ということか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT