プラダCEO、「決算で評価してほしくない」

上半期決算は大幅な減益に

 9月21日、プラダの最高経営責任者(CEO)でクリエイティブディレクターのミウッチャ・プラダ氏(写真)は自身を販売業績で評価してほしくないと述べた。ミラノ・ファッションウィークで撮影(2017年 ロイター/Max Rossi)

[ミラノ 21日 ロイター] - イタリア高級ブランド、プラダの最高経営責任者(CEO)でクリエイティブディレクターのミウッチャ・プラダ氏は21日、自身を販売業績で評価してほしくないとし、自身のデザインは女性に強く競争力を付けるためのアイデアを提供していると述べた。

プラダ氏は、2018年春夏コレクションの最後、記者団に「販売で評価してほしくない。これは私の愛だ。私の人生と仕事はもっと大切」と語った。

プラダは今月、上半期は大幅な減益で売上高が5.5%減少したとの決算を発表。業績の回復には予想以上に時間がかかるとの見通しを示した。

プラダ氏は、社会における女性の状況に対して「少し怒りをおぼえる」とし、女性の役割改善と「地位向上」に向けて女性がより強くなるべきと指摘。「私たちにとってまだ多くの障害が存在し、大いなる賢明さと知性、強さが必要」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT