「iPhone 8」発売、シドニーでは低調なワケ

開店前に並んだ人数は30人に満たなかった

 9月22日、米アップルが発売した新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)8」のオーストラリア・シドニーでの滑り出しは低調となった。写真は都内で撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[シドニー/東京 22日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が22日に発売した新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)8」のアジアでの滑り出しはこれまでと比べ低調となった。11月初めのアイフォーン「X(テン)」の発売を前に買い控えが見られた。

オーストラリアのシドニー中心部のアップルストアではこれまで新製品発売時に数百人が集まり行列を作っていたが、ロイターが確認したところ、22日の開店前に並んだ人数は30人に満たなかった。

アップルストア前に列をなす人の数はオンライン販売の利用拡大に伴い、ここ数年減少しているが、アイフォーン8に関してはさえない評価も影響しているようだ。

シドニーのアップルストアで最前列にいた並んでいたMazen Kouroucheさんは「アイフォーン7とかなり似ている。新たな機能はそれほど多くない」と語った。

新機種は欲しいけど999ドルも払いたくない人向け

一方、中国ではカメラ性能の改善が購入の理由の1つとの声が聞かれた。

中国のミニブログ「微博(ウェイボー)」では、アイフォーン8とXに関する投稿が過去2機種の発売前に見られた水準を下回り、消費者の関心が比較的低いことが示された。

アイフォーン8の先行予約がこれまでの水準を下回るとの投資家懸念が反映し、アップル株価は21日の米株市場で一時152.75ドルと約2カ月ぶりの安値まで下落した。

iTWire.comのテクノロジー・エディター、Alex Zaharov-Reutt氏は、アイフォーン8は新機種がほしいが、Xに999ドルも払いたくない人向けだと指摘した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT