患者想いの医者ほど生きづらい 患者を救うことだけが”いい医師”ではない

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小

患者を救うことだけでいい先生とは言えない

医師というのは弱い立場の患者に対峙し、その患者に寄り添いながら回復までの医療的な支援を行う役割があります。ただ、患者を救うのは医師だけはありません。周りのほかの医師や看護師はもちろん、経営者や事務スタッフも患者の診療にはかかわってきます。

いくらよい医療を提供しようと思っても適正な経営ができていないと、今や病院は潰れる時代です。よく経営重視の病院を嫌がる先生がいらっしゃいますが、患者の要望を聞きすぎると、病院経営というのは成り立たなくなってしまいます。

なんでもそうですが、バランス感覚というのが重要。

目の前の患者を助けたい思いが強い医師は、患者ウケは往々にしてよいですが、経営数字などがとても苦手だったりします。病院の限界利益を知り、自分の診療科についての売上高、自分のパフォーマンス、そのためにかかるコストをイメージすると、医療経営も大変であることがわかります。

西山医師は、結局転職を取りやめ、同じグループ内での異動にとどまりましたが、新しい病院においてもなかなか彼の考えを反映することはできず、院長やほかの整形外科医師とのいざこざが続いたと耳にしました。

現在、医療経営の舵取りはかなり難しくなっています。患者重視の気持ちは持ちつつ、周りの意見を尊重し経営にも協力していく姿勢は必要で、そのようなバランスが取れた医師が、今後、より必要になってくるのです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT