米国は「高齢者視点」で住みやすい国なのか

高齢者の「生きやすさ」を測る新たな指標

高齢者が住みやすい国は?(写真:YokobchukOlea/PIXTA)

高齢人口に見合った最良の施策を行っている国はどこだろうか。

日本は健康な高齢者が最も多く住む国だ。スペインは支援する親戚や友人がいることで、最高点を得ている。ノルウェーは、高齢者の所得不平等が世界最低だ。さて、米国はどうだろうか。

このたび新たに発表されたグローバルエージング指標によると、米国は、ノルウェー、スウェーデン、オランダ、日本とともに上位5カ国の一角を担っている。しかし、この指標のカテゴリーの大部分において、米国には多くの課題が残っていることもわかった。

高齢者が快適に暮らせる環境とは

ジョン・A・ハートフォード財団が助成した「ハートフォード指標」は、コロンビア大学と南カリフォルニア大学の研究グループによって開発された。各国の退職後の生活を比較する過去の研究は、主に経済的・金銭的尺度に焦点を当ててきた。しかし、今回の研究は生産性と雇用、福祉、正当な権利享受、多世代との結び付き、老後の安心という幅広い視点を採用し、5つの地域の30カ国のデータを検証している。

こうした要素を考慮に入れることは重要だ。これらのカテゴリーは、高齢者が快適に暮らせる環境について、研究グループが重視する点が入っているからだ。「経済的尺度に勝る重要な要素は、多くある」と、この研究チームのリーダーであるコロンビア大学の公衆衛生学部のジョン・ロウ教授は話す。

米国は総合で上位の5カ国の仲間入りをしているものの、明らかに矛盾した成績を取っている。たとえば、「生産性と雇用」では1位になっているが、これは就労率、実質的な定年、ボランティアに費やす時間を考慮に入れている。

米国はまた、各世代との強い結び付きに関しても、高得点を得ている。一方、健康、経済的安定、所得不平等を評価するカテゴリーにおいては、「やや劣る」から「劣る」に入ってしまっている。

次ページ2050年に「超高齢国家」になる国は
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。