77歳の自動車、ガソリンスタンド突入の顛末

ドイツで事故、店内は粉々に

 9月6日、ドイツのシュトゥットガルト南東30キロに位置する町、ヴェンドリンゲンで6日、77歳の高齢者が運転する車がガソリンスタンドに突っ込み、店内をめちゃくちゃに破壊する事故が起きた。写真はロイタービデオの映像から(2017年 ロイター)

[ヴェンドリンゲン(ドイツ) 6日 ロイター] - ドイツのシュトゥットガルト南東30キロに位置する町、ヴェンドリンゲンで6日、77歳の高齢者が運転する車がガソリンスタンドに突っ込み、店内をめちゃくちゃに破壊する事故が起きた。

損害は約4万6000ユーロ

恐らくアクセルとブレーキのペダル、前進とバックのギアを混同したためとみられている。地元メディアによると、損害は約4万6000ユーロ(約600万円)に上るという。

現場に居合わせた目撃者は、高齢者が運転する黒いステーションワゴンがバックして自分のバンにぶつかった後、今度はガソリンスタンドに4回突っ込み、中にあった冷蔵庫の間の壁にぶつかってやっと止まったと話した。

77歳のドライバーは軽傷で、念のため病院に運ばれたという。他に負傷者はいなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT