AI先生は究極の「個別指導のプロ」だった

「何がわからないのか」を即座に解析

AI先生による究極の個別指導とはどのようなものなのでしょうか(写真 : FreedomZ / PIXTA)

全員が同じ黒板を見つめる授業は、わかる子には退屈。一方で置いていかれる子も出る。AI先生による究極の個別指導を取材した。

苦手な数学を教えてくれるのは人工知能(AI)──。

8月半ば、そう聞きつけた中高生の男女6人が東京・渋谷のビルに集まった。Z会エデュースによる、AIを活用した「数I・数A弱点補強講座」がそれだ。

着席すると早速、1人に1台タブレットが配られた。この中に、AIを活用したアルゴリズム、つまり「AI先生」が組み込まれているらしい。

まずは目標の設定。タブレット上に表示された「2次関数の最大・最小」や「正弦定理」「素数と素因数分解」など数十に及ぶ項目から、それぞれ、克服したいものにチェックマークを入れる。スタートボタンを押すと、それぞれの生徒の画面に最初の問題が現れた。

何がわからないのか

メモ紙に計算や図を書きながら、時折タブレット画面を触ったり、イヤホンを耳に当て解説の動画を見つめたり。

教室は静かで、現役東大生の講師も生徒の間を歩き回っているだけだ。

「あのー、皆さん何をやってるんでしょう?」

見ているだけではさっぱりわからないので、AIタブレット教材を開発した教育ベンチャー「atama plus(アタマ プラス)」のCEO、稲田大輔さんに尋ねた。

次ページ講師専用のタブレット画面には
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。