AI先生は究極の「個別指導のプロ」だった

「何がわからないのか」を即座に解析

AI先生による究極の個別指導とはどのようなものなのでしょうか(写真 : FreedomZ / PIXTA)

全員が同じ黒板を見つめる授業は、わかる子には退屈。一方で置いていかれる子も出る。AI先生による究極の個別指導を取材した。

苦手な数学を教えてくれるのは人工知能(AI)──。

8月半ば、そう聞きつけた中高生の男女6人が東京・渋谷のビルに集まった。Z会エデュースによる、AIを活用した「数I・数A弱点補強講座」がそれだ。

着席すると早速、1人に1台タブレットが配られた。この中に、AIを活用したアルゴリズム、つまり「AI先生」が組み込まれているらしい。

まずは目標の設定。タブレット上に表示された「2次関数の最大・最小」や「正弦定理」「素数と素因数分解」など数十に及ぶ項目から、それぞれ、克服したいものにチェックマークを入れる。スタートボタンを押すと、それぞれの生徒の画面に最初の問題が現れた。

何がわからないのか

メモ紙に計算や図を書きながら、時折タブレット画面を触ったり、イヤホンを耳に当て解説の動画を見つめたり。

教室は静かで、現役東大生の講師も生徒の間を歩き回っているだけだ。

「あのー、皆さん何をやってるんでしょう?」

見ているだけではさっぱりわからないので、AIタブレット教材を開発した教育ベンチャー「atama plus(アタマ プラス)」のCEO、稲田大輔さんに尋ねた。

次ページ講師専用のタブレット画面には
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。