W杯欧州予選、フランスがオランダに大勝

トマ・レマルが2得点

 8月31日、サッカーのワールドカップ(W杯)欧州予選は各地で試合を行い、A組ではフランスがトマ・レマル(写真)の2得点などでホームでオランダに4─0で大勝した(2017年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 31日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)欧州予選は31日、各地で試合を行い、A組ではフランスがホームでオランダに4─0で大勝した。

前半に先制したフランスは後半にオランダが退場者を出すとさらに攻勢を強めてトマ・レマルが2得点を決めるなど3点を追加。最終的には4点差という大差がついた。

この結果、勝ち点を16に伸ばしたフランスが首位を守りW杯本大会へ前進した一方、同日の同組でブルガリアがスウェーデンに3─2の勝利を収めたため、同10にとどまったオランダは4位に後退した。

B組ではポルトガルがフェロー諸島に5─1で勝利したが、首位スイスがアンドラに3─0で勝利したため勝ち点3差の2位は変わらず。H組では首位ベルギーがジブラルタルに9─0と大勝した。

欧州予選は6カ国ずつ9グループに分かれて開催され、各組1位が本大会へ出場。2位のうち上位8カ国がプレーオフを行い、4カ国の出場国が決定する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。