W杯欧州予選、フランスがオランダに大勝

トマ・レマルが2得点

 8月31日、サッカーのワールドカップ(W杯)欧州予選は各地で試合を行い、A組ではフランスがトマ・レマル(写真)の2得点などでホームでオランダに4─0で大勝した(2017年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[パリ 31日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)欧州予選は31日、各地で試合を行い、A組ではフランスがホームでオランダに4─0で大勝した。

前半に先制したフランスは後半にオランダが退場者を出すとさらに攻勢を強めてトマ・レマルが2得点を決めるなど3点を追加。最終的には4点差という大差がついた。

この結果、勝ち点を16に伸ばしたフランスが首位を守りW杯本大会へ前進した一方、同日の同組でブルガリアがスウェーデンに3─2の勝利を収めたため、同10にとどまったオランダは4位に後退した。

B組ではポルトガルがフェロー諸島に5─1で勝利したが、首位スイスがアンドラに3─0で勝利したため勝ち点3差の2位は変わらず。H組では首位ベルギーがジブラルタルに9─0と大勝した。

欧州予選は6カ国ずつ9グループに分かれて開催され、各組1位が本大会へ出場。2位のうち上位8カ国がプレーオフを行い、4カ国の出場国が決定する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 鉄道漫遊記
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。