病気をしたエンジニアが体感した病院の課題

病院間のシステム連携は、まだまだ未発達だ

ぼへちゃん、体調不良で会社をお休みし、お医者さんの診察を受けました。いつも診てもらっているAクリニックにやってきて、レントゲン写真を撮影。診察の結果、気胸であることが判明。専門の医師に診てもらったほうが良いといわれました。

もしかしたら入院が必要になるのかも。ぼへちゃんの心に大きな不安感が広がります。早速、近くの大病院であるB病院の紹介状を書いてもらい、すぐに診察に伺いました。そこで先生に言われたのは「レントゲンを撮って採血しますね」との言葉。

採血はともかく、レントゲンはさっきのAクリニックで撮りました。今どきのレントゲンは電子データ。ネットで送れるんじゃないんですか、と思いましたが、グッと飲み込みました。

言われたとおりにレントゲンを撮って専門医の診察を受けることに。どうやら手術が必要なようです。ところが、このB病院では手術の予約がいっぱいで、すぐには対応できないとのこと。そこで、すぐに対応できそうなC病院へ行くことになりました。

紹介状を書いてもらい、その足でC病院へ。するとそのC病院でも真っ先に言われたのが「まずはレントゲン撮りましょう」との言葉。

あの。レントゲン今日3回目なんですけど。今の病院やクリニックではカルテは電子化されてきましたし、レントゲンの画像データも同じ病院内ならネットで共有できているようです。

しかし、病院間のシステム連携がまだまだ弱い様子。ここを改善すれば、より診察の効率化を図れるのではないでしょうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。