麻生副総理、「ヒトラーは悪しき政治家の例」

「真意と異なった話として伝えられた」と説明

 8月30日、麻生太郎副総理兼財務相は同日夕、自身が率いる派閥研修会の講演でヒトラーに言及した発言に関し「悪しき政治家の例として挙げた。(現場では)ヒトラーを褒め称えたような話に聞こえた人はひとりもいない」と釈明した。写真は5月カリフォルニアで撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson)

[東京 30日 ロイター] - 麻生太郎副総理兼財務相は30日夕、自身が率いる派閥研修会の講演でヒトラーに言及した発言に関し「悪しき政治家の例として挙げた。(現場では)ヒトラーを褒め称えたような話に聞こえた人はひとりもいない」と釈明した。

麻生副総理は同日午前に発言を撤回するコメントを公表したが、改めて財務省内で記者団の取材に応じた。

共同通信などによると、麻生副総理は29日の講演で「(政治は)結果が大事だ。何百万人を殺したヒトラーは、いくら動機が正しくても駄目だ」と発言。麻生副総理はこの発言に関し「真意と異なった話として伝えられた」と説明した。

また、2013年の講演でも、憲法改正を巡ってナチス政権に触れたことがあるが、「(前回も)悪い例として引いた」と語った。

(梅川崇)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。